スポンサーサイト

--.--.-- --:--
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父へのエール

2006.06.19 19:44
日記
昨日の『父の日』に触発されて、
今日はとてもレトロな話題ですが・・・・父のことをお話します。

父は若かりし頃、職場の楽団でギターを弾いていました。
楽団?とお思いでしょうが、50年以上も前の話なので、
当時はバンドやオーケストラという呼び名ではなくて、『楽団』と呼んでいたそうです。
今はマラソンや野球などのスポーツチームを持った企業がありますが、
それの文化版といったところです。

演奏曲は昭和20年代のことなので歌謡曲です。
古賀政男さんや田端義雄さんなど今の懐メロ番組で聞かれる曲です。
歌手の方が歌っている後ろで演奏しているオーケストラがありますよね、あれです。
当時はあまり娯楽がなかったそうで、いろいろな処に呼ばれて演奏活動も忙しかったそうです。
ステージで演奏したり、キャバレーやダンスホールで演奏したり、アマチュアながら地元では結構な人気楽団だったそうです。
担当は、今で言えばリードギターというところでしょうか。

といっても、まだ私が生まれる前の話で、
ステージに立っていた頃の父は写真でしか見たことがありません。
私の記憶にあるのは、休みの日に楽譜を広げてギターを弾いていた父の姿と
私が幼い頃、童謡を教えてくれたときの様子です。

畳の上に童謡の本を広げて、
あぐらをかいて、ギターを弾きながら
ひとつ、ひとつ、口伝えにたくさんの童謡を教えてくれました。
何せ楽譜がないと弾けない人で、私の動揺の本にはちゃんと五線譜に音符が書かれていました。
その時の光景は不思議と今でもずっと目に焼きついています。

そんな父が、今は闘病の生活を送っています。
音楽療法の真似事をして、父がステージで活躍していた1950年代の歌謡曲のCDを聴かせると、
大きな変化がありました。
曲を聴きながら、ギターを弾くまねをしてずっと手を動かしているんです。
きっと父はギターを弾いているつもりなんでしょう!
ほとんど言葉を発しなくなっていたのですが、
昔のことをポツポツと話しだしたり、笑ったり、涙ぐんだりしていました。
母が「この曲、キャバレーで演奏していた頃の思い出の曲らしいんよ。お父さんニヤケてから!」
なんて、この期に及んで母がヤキモチ?をやく姿がおかしかったりするくらいでした。
音楽療法・・・・効果絶大!です。

音楽療法で一時期元気になった父ですが、今はまた病院のベッドで闘っています。
できるものなら、もう一度ギターを弾いて欲しいな~!

まったくの自己満足ブログになってしまいましたが、
今日は病と闘っている父にエールを贈る意味で、ブログに書かせていただきました。

若き日の父
スポンサーサイト

comment


秘密にする

trackback

http://canberealized.blog75.fc2.com/tb.php/16-d444b647
TOP
 プロフィール 

りあらいず

Author:りあらいず
FC2ブログへようこそ!

 最近の記事 
 最近のコメント 
 FC2カウンター 

 カテゴリー 
 月別アーカイブ 
 最近のトラックバック 

 ブロとも申請フォーム 
 リンク 
 ブログ内検索 

 RSSフィード 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。